相談の方法

楽しく乗る

自転車での事故が増えてきていて、中には重大事故につながるものもあります。その備えとして自転車保険がありますが、生命保険ほど一般的ではないため、加入していない人も多くいます。どこに相談すればいいのか分からない人もいることも加入が増えない要因です。

自動車保険や傷害保険に加入している人なら、その特約として付加できますし、クレジットカードに付帯している場合もあります。自分のケガや、弁護士費用をカバーできる特約もあります。

相談のメリット
相談とは、悩みなどを人に打ち明けることを言います。

保険関連では、自転車保険や生命保険などの保険料を相談することが多くなっています。保険料の比較をする時には、専門のセールスマンに求めている保険のプランなどを伝えて保険に必要な料金を比較することができます。

人と悩みを共有したりすることも指す言葉となっており、使い道が非常に多くなっていますが、基本的には悩みを打ち明けたり、話し合って解決を目指すことを言います。

生命保険の必要性

倒れた自転車

生命保険の必要性は、加入者の年齢や家族構成などによって大きく異なります。

例えば、加入者の年齢がまだ若く、子供も生まれたばかりでこれから成長していくに当たって生活費や教育費などの大きなお金が必要になる、といった場合、生命保険に加入しておく事は家族を安心させる要因になります。

しかし、加入者の年齢が高く、扶養家族も少ない状況ではその必要性をあまり感じられません。又、掛け金も若い頃に比べると大幅に高くなることから、加入のメリットなどを家族とよく相談して決定すべきです。

相談の概要
相談は何か困っていることを人に話して解決策を見出していくことをいいます。一対一での話もあれば数十人相手にして話をすることもあります。特に自転車保険や生命保険といったお金を伴うような事柄に関しては、欠かせないものといっても過言ではありません。

相談は後の人生に影響がでるほど重要な時もあります。担任の先生との進路のことについて話をするといったように非常に大きな問題が題材になる場合もあり、慎重になされるものです。

生命保険とは

子供も一緒に

生命保険とは、保険の一種で死亡した時や病気、怪我をした時の損失に合わせ保険金が支払われるものです。近年ではがん保険や疾病保険など多くの特約が含まれることも多くなっていますが、生命保険もその特約も、一般的には被保険者に発生する損失を保障するものです。

一方で自転車保険は自動車保険や損害保険と同様、被保険者に発生する損害だけでなく、被保険者が損害を発生させた際に損害を受けた相手に補償を行うことまでが契約内容に含まれます。

保険を選ぶ時には詳しい人によく相談して必要な保険を見極めることが必要です。

生命保険の注意点
生命保険はその種類によって保険料が上がることがあるので、注意が必要です。

保険には定期保険、終身保険、養老保険という3つの柱商品があり、その中で定期保険が保険料の上昇するタイプの保険と言えます。

具体的には自動更新型定期保険といわれるものがそれで、保険期間が満了を迎えると満期通知が来て、手続きをしなければ自動的に保険が更新されます。

更新されると、その時点での年齢を元に保険料が再計算されるので保険料が上昇することになるのです。